独立開業に伴う3つの行動 帳簿つけと青色申告、エージェントの活用についてお教えします

エージェントの登録料はどれくらい

フリーランスで働くために、エージェントに登録をするという方法があります。
エージェントは営業などの業務を代わりにしてくれるところ、と考えると分かりやすいかと思います。
フリーランスで働く人の多くは営業経験のない人なので、自分で売りこんで仕事を得るということはかなりハードルが高い業務になってしまいますが、エージェントではこの営業関係の仕事をしてくれて、しかも集めてきた仕事から選ぶことが出来るというかなり仕事がしやすい環境になっています。

仕事の単価はもちろん、納期などを参考にして自分が出来る仕事を優先に選ぶと仕事の進み具合も違ってくるでしょう。
このようなエージェントの多くは登録制になっています。登録料は無料のところが多いのですが、中には提供するサービスを利用するためには有料のところもありますので初めて利用する場合は、まず無料のエージェントから登録して利用してみると良いでしょう。そして複数のエージェントに登録することが仕事を途切れさせないことにもなります。

仕事が途切れるということは、仕事をしていない期間の収入はないということになりますので、フリーランスにとって大きな影響が出てきます。
そこで複数のエージェントに登録をし、納期を管理しながら仕事を組むことで収入も安定します。

またエージェントによってはフリーランスで働く人のスキルアップを目指した取り組みをしているところも少なくありません。無料で受講できるものもあれば、有料のものもあります。有料の場合、金額は数百円から数万円と幅がありますので、自分で納得できるものを選ぶようにしましょう。
数万円する講習を受講しなくては仕事が出来ないというエージェントはリスクが高いので、登録する場合はよく比較して選択することをオススメします。
とにかく、エージェント登録で容易に案件獲得すれば、業務に専念できるということです。